標準正規分布のTensor(行列)を作る

各値の平均値を取ると0、標準偏差を取ると1に収束する分布になる。

Sample

import numpy as np

x = np.random.randn(10, 2)

print x

出力結果

[[ 1.29809056  1.81463907]
 [ 0.73759474 -0.5688174 ]
 [-1.45300168  0.2555659 ]
 [-0.18510103 -0.18096903]
 [ 0.37652474  0.46395745]
 [-0.45630759 -0.41358571]
 [-1.55313916 -0.09374661]
 [ 1.27759706  2.21715869]
 [ 0.08562266  0.67993018]
 [ 0.14558376  0.37880808]]

実験

正規分布の要素を1万個に増やし、平均値と標準偏差を確認する。

import numpy as np

x = np.random.randn(5000, 2)

print np.average(x)
print np.std(x)

出力結果

0.00136866896489
1.00003484542

要素数を増やせば増やすほど、平均値0、標準偏差 1に近づいていく。