L-02Cを利用したLTE接続方法

L-02Cは内部にSIMを挿入することでLTE通信サービスを利用することができるUSB接続のデータ通信端末です

L-02C
https://www.nttdocomo.co.jp/support/trouble/data/l02c/

L-02CをRaspberry PiのUSBポートに接続します
そのままRaspberry Piに接続すると他のUSBポートが使用できなくなるため、USBハブなどを使用すると良いです

apt-getを使用し、必要なパッケージのインストールを行います。

  • CD-ROMイジェクト用(L-02Cを認識させるため)
    sudo apt-get install eject
    
  • ダイアルアップ
    sudo apt-get install wvdial
    

Raspberry PiにL-02Cを接続します。
この状態ではL-02CをCD-ROMとして認識してしまうため使用できませんが、Ejectを実行し、CD-ROMを取り出すことで使用できるようになります

eject sr0

接続用の設定を変更するため、wvdial.confファイルを開き内容を変更します

sudo vi /etc/wvdial.conf

変更内容

[Dialer Defaults]
Init1 = ATZ
Init2 = ATQ0 V1 E1 S0=0 &C1 &D2 +FCLASS=0
Dial Attempts = 3
Stupid Mode = 1
Modem Type = Analog Modem
Dial Command = ATD
Stupid Mode = yes
Baud = 115200
New PPPD = yes
APN = iijmio.jp
Modem = /dev/ttyUSB2
ISDN = 0
Phone = *99***1#
Password = iij
Username = mio@iij
Carrier Check = no

設定が終わりましたらwvdialを実行します

sudo wvdial

ATD*99〜の下に「CONNECT」が表示されれば接続完了です

2回目以降は下記のように入力すれば接続することができます

eject sr0
sudo wvdial