I2Cの設定

OUT/INシールドとBrickを使う際に、I2Cを有効にする必要があります。

I2Cを有効にする

$ sudo raspi-config

SMBUSにインストール

$ sudo apt-get install python-smbus

I2C動作確認用のパッケージをインストールします

$ sudo apt-get install i2c-tools

モジュールが自動起動するように設定します

/etc/modulesの最後の行に、`i2c-dev'を追加します。

/etc/modules

i2c-dev

再起動します

$ sudo reboot

動作確認

I2CのBrickが接続されている場合、次のコマンドでI2Cアドレスが表示されます

$ sudo i2cdetect -y 1
  • サンプルで使用している、Pythonモジュールをインストールします