#104 Angle Brick

Overview

ボリューム抵抗を使ったBrickです。

I/Oピンからアナログ値を取得することができます。

LED Brickの明るさを調節する際などに使用します。

Connecting

アナログコネクタ(A0〜A7)のいずれかに接続します。

Raspberr Pi

Arduino

Schematic

Sample Code

A0コネクタにAngle Brickを接続して、D3コネクタに接続したLED Brickの明るさ調節に使用しています。

# coding: utf-8
import RPi.GPIO as GPIO
import spidev
import time
import sys

# A0コネクタにAngleを接続
ANGLEPIN = 0

# GPIO4コネクタにLEDを接続
LEDPIN = 4

#######################################################################
def readadc(channel):
    """
    Analog Data Converterの値を読み込む
    @channel チャンネル番号
    """
    adc = spi.xfer2([1,(8+channel)<<4,0])
    data = ((adc[1]&3) << 8) + adc[2]
    return data

#######################################################################
def map(x, in_min, in_max, out_min, out_max):
    """
    map関数
    @x 変換したい値
    @in_min 変換前の最小値
    @in_max 変換前の最大値
    @out_min 変換後の最小
    @out_max 変換後の最大値
    @return 変換された値
    """
    return (x - in_min) * (out_max - out_min) // (in_max - in_min) + out_min

# GPIOポートを設定
GPIO.setmode( GPIO.BCM )
GPIO.setup( LEDPIN, GPIO.OUT )

# PWM/100Hzに設定
LED = GPIO.PWM(LEDPIN, 100)

# 初期化
LED.start(0)
spi = spidev.SpiDev()
spi.open(0,0)

try:
    while True:
        data = readadc(ANGLEPIN)
        print("adc : {:8} ".format(data))
        value = map(data, 0, 1023, 0, 100)
        LED.ChangeDutyCycle(value)
        time.sleep( 0.01 )
except KeyboardInterrupt:
    LED.stop()
    GPIO.cleanup()
    spi.close()
    sys.exit(0)

構成Parts

  • ボリューム抵抗器A 10k

GitHub