#102 Buzzer Brick

Overview

圧電ブザーを使ったBrickです。I/Oピンより、鳴らす音や音の長さを制御することができます。

Connecting

OUTコネクタのいずれかに接続します。

Schematic

Sample Code

シールドのSOUNDコネクタにBUZZER Brickを接続する。

  • ビープ音を鳴らします。

BEEP

100 BEEP
  • MML形式で音を鳴らします。

「ド」は C、「レ」は D で書きます。※音階は下記のリスト参照。

C D E F G A B
ファ

半音(シャープ)は、C+や、F- と記述します。

オクターブの変更は <(下げる) >(上げる) を使います。

T[値]でテンポを変更できます。

音階の後に数値(1,2,4,8,16,32)をつけると、音の長さを変えられます。(n 分音符。デフォルトは4) C16 = 16分音符のド

100 PLAY"T500CDEFGAB<C2"

上記のプログラムを実行すると、
ドレミファソラシドー
と、最後のドだけ少し長く再生されます。

注意

一度に再生できるPLAY文は一つだけで、最後に実行したPLAY文のみ再生されます。

100 PLAY"CDEFGAB<C"
110 PLAY"F"

例えば上記のプログラムを実行すると、「ファ」の1音で終了します。

簡易鍵盤プログラム

100 ' BUZZER_sample_program
110 cls
120 PRINT"EASY PIANO"
130 PRINT" SD GHJ"
140 PRINT"ZXCVBNM,"
150 I=INKEY()
160 IF I=ASC("Z") PLAY"C16"
170 IF I=ASC("S") PLAY"C+16"
180 IF I=ASC("X") PLAY"D16"
190 IF I=ASC("D") PLAY"D+16"
200 IF I=ASC("C") PLAY"E16"
210 IF I=ASC("V") PLAY"F16"
220 IF I=ASC("G") PLAY"F+16"
230 IF I=ASC("B") PLAY"G16"
240 IF I=ASC("H") PLAY"G+16"
250 IF I=ASC("N") PLAY"A16"
260 IF I=ASC("J") PLAY"A+16"
270 IF I=ASC("M") PLAY"B16"
280 IF I=ASC(",") PLAY">C16"
290 GOTO 150

詳しくは下記のURLを参照してください。

福野泰介の一日一創
http://fukuno.jig.jp/892

構成Parts

  • 圧電ブザー

GitHub