パケットスニファの設定

必要なハード

型番 写真
PCA10000
PCA10031

必要なソフト

USB Dongleの認識

VirtualBoxでは以下の手順でUSB Dongleを認証させる。

  1. USB Dongleをさした状態で、USBの設定を開き、USB フィルタに追加する

2.USBフィルタの編集を選択し、メーカー名、製品名、シリアルNoを削除する

  1. USB Dongleをマシンから抜き、Windows10を再起動したのち、USB Dongleをさす。認識されると、SEGGER J-LINK[0100]の前にチェックマークが現れる。

準備

  1. nRFgoStudioをインストールします。
  2. 対応ハードをUSBに接続します。
  3. スニファ対象のBLE機器を周辺で作動させます。
  4. nRF-Snifferのzipを解凍します。
  5. nRFgo Studioを起動します。
  6. 左のDeviceManagerから接続した機器を選びます。
  7. 「Erase all」をクリックして既存のファームを削除します。
  8. Program Applicationのタブを選択します。
  9. BrowseからnRF-SnifferのFirmwareフォルダ内のhexファイルを選択します。
  10. Program でファームを書き込みます。
  11. 接続しているBLE機器はパケット受信時にLEDが点灯するようになります。
  12. Wiresharkをインストールします。

スニフ

  1. ble-sniffer_xxx_Sniffer.exe を起動します。
  2. コマンドラインのメニューが表示されます。
  3. 中段に使用可能なコマンド、下段に検出されたデバイス一覧が表示されます。
  4. 上下キーでカーソルを移動し、Enterキーで対象デバイスを選択します。

  5. wキーでWiresharkが起動します。

  6. 選択したデバイスのパケット詳細が表示されます。