開発環境(nRF52)

nRF52を使ったプログラムの作成方法

使用した環境

  • MDK-Lite Ver. 5.16a
  • Windows 7
  • nRF52 Development Kit (PCA10040)

手順

手順はほぼnRF51と同じなので、詳細はコチラを参照。

空のApplication作成

  1. Keil uVision5を起動する

  2. uVision5のProjectメニューから新たにプロジェクトを作成する

  3. Deviceの設定を聞かれるのでSofware PacksのnRF52832_xxAAを選択する

  4. Pack選択でDeviceのStartupを選択し、Bootに必要なプログラムをインストールする

  5. 設定を変更する

    5.1. Options for Targetを選択する

    5.2. DebugタブのUseを"J-LINK / J-TRACE Cortex"に変更する
    5.3. PortをSWに変更する 5.4. JLinkの設定を変更する

    • "Reset and Run"をチェックし、書き込み時にリセット&実行を行う。また、Sizeの値も変更する。
  6. Applicationを作成する
    5.1. Project内のグループ名(今回はApplication)を右クリックし、"Add New Item to.."を選択する 5.2. main.cを作成する 5.3. 今回は無機能のApplicationなので、空のmain文のみにする

    int main() { }

  7. ビルドして実機にダウンロードする
    6.1. ビルドボタンをクリックするとビルドされます

    6.2. LOADボタンを押すとプログラムの書き込みが開始されます(プログラムが空なので何も起こりません)

LED点灯Application作成

以下古い情報でした。普通にPackからインストールできます。
ですが、Pack無しでのApplication作成方法として残しておきます。

まだ提供されているPackが少ないようなので、Pack無しでLED点滅プログラムの作成方法を説明します。
Packが無いものは自分でヘッダをインクルードしたり、SDKからソースをコピーする必要が出てきます。

  1. 設定を変更する

    1.1. Options for Targetを選択する

    1.2. C/C++を選択し、下記の設定を行う。

    • DefineにBOARD_PCA10036を設定
    • C99Modeにチェック
    • IncludePathsに"[nRF52_SDK]\examples\bsp"と"[nRF52_SDK]\components\drivers_nrf\hal"を追加する。([nRF52_SDK]はSDKへのパス)
  2. プログラムを変更する

    #include "boards.h"   
    int main() {
     LEDS_CONFIGURE(LEDS_MASK);
     LEDS_OFF(LEDS_MASK);
     LEDS_INVERT(BSP_LED_0_MASK);
    }
    
  3. ビルドして実機にダウンロードする
    3.1. ビルドボタンをクリックするとビルドされます

    3.2. LOADボタンを押すとプログラムの書き込みが開始されます(LED_0が点灯します)