マーケティング

(2015/2/25)

Independent research company Smartwatch Group provided new data to AppleInsider on Wednesday estimating that just 6.8 million smartwatches were sold last year.
...
Smarwatch Group estimates that Samsung's Gear lineup saw 1.2 million units shipped in 2014.
...
The second most popular smartwatch platform, in terms of unit sales, was Pebble, which shipped an estimated 700,000 devices in 2014.
...
The research follows a report from earlier this month that estimated just 720,000 devices running the Android Wear platform were shipped last year,
...
Expectations for the heavily hyped Apple Watch are high — investment firm J.P. Morgan has told investors it expects Apple to sell 26.3 million units before the end of calendar 2015. Rumors from the supply chain are even more optimistic, suggesting Apple could build as many as 40 million units in the first year if demand calls for it.

項目 出荷数 
2014年のスマートウォッチ出荷数 680万台
2014年のSamsung Gearの出荷数 120万台
2014年のPebbleの出荷数 70万台
J.P. Morgan予想 2015年Apple Watch出荷数 2630万台

http://appleinsider.com/articles/15/02/25/just-68m-smartwatches-sold-in-2014-at-an-average-price-of-189

(2015/1/29)

Bluetoothに対応した機器は、2014年の1年間で30億台が出荷された。2018年までには携帯電話の96%に「Bluetooth Smart Ready」が搭載され、対応機器の年間出荷台数は49億台に達すると予測されている。極めて消費電力が小さいBluetooth Smartの登場により、応用市場が一気に拡大したと見られている。 http://eetimes.jp/ee/articles/1501/29/news073_2.html

2014年にBluetooth対応聞き30億台出荷 2018年にBluetooth Smart対応機器が49億台出荷と予想

(2014/11/27)

Bluetooth SIGでテクニカル プログラム マネージャを務めるビンセント・ガオ氏は、「Bluetoothは非常に成功している無線通信技術といえる。2000年には、世界各国に出荷されるBluetooth搭載機器は、年間で80万個ほどだった。それが2014年は、1日当たり850万個にまで増加している」と話す。この数字だけを見ても、いかにBluetooth対応機器が増えているかが分かるだろう。http://eetimes.jp/ee/articles/1411/27/news045.html

2014年に1日850万個のペースで出荷

(2014/6/22)

現在、主要なスマートフォンOSでは標準機能としてBluetooth Smartをサポートしていて、今後もその傾向は強まるとみられています。米国の調査会社であるABI Researchによると、Bluetooth Smartに対応したデバイスの出荷量は2011年に3億4100万台でしたが、2018年までに年間27億台に達する見込みです。 http://eetimes.jp/ee/articles/1406/23/news016.html

2011年にBluetooth Smart対応機器が3億4100万台出荷 2018年にBluetooth Smart対応機器が27億台出荷と予想

(2014/5/2)

ほとんどの自動車メーカーは、ミッションクリティカルではない制御機能にLIN(Local Interconnect Network)バスを使用している。LINバスを使う機能は制御データが少ないことが多いので、比較的Bluetooth Low Energyに置き換えやすいと考えられる。

Bluetooth Low Energyは、キーフォブやスマートフォンを介したキーレスエントリーにも適用できる。サブGHz帯を利用したキーレスエントリーシステムもあるが、Machness氏は、「Bluetooth Low Energyは消費電力が1μA以下と低いため、サブGHzと同様にキーレスエントリーに適した技術だ」と主張している。  
...
 TIは、CC2541-Q1のサンプル出荷を開始している。量産開始は2014年第3四半期を予定していて、既に同SoCを搭載するいくつかの製品の開発が進行中だという。2015~2016年にも、Bluetooth Low Energyでドアや窓を制御できる自動車が発売される見通しだ。http://eetimes.jp/ee/articles/1405/02/news063_2.html

車載向けBLEも加速しつつある。