#112 IR LED Brick

Overview

赤外線LEDを使ったBrickです。

I/Oピンから赤外線LEDをON/OFFを制御することができます。

Connecting

アナログコネクタ(A0〜A5)、またはデジタルコネクタ(2〜13)のいずれかに接続します。

Parts Specification

Document
OSI5LA5113A

Schematic

Sample Code

for Arduino

A1コネクタに赤外線LED Brick、A2コネクタにボタンBrickを接続し、ボタンが押されたら赤外線LEDを発光させます。 STM32CubeMXを起動し、A1をGPIO_Output,A2をGPIO_Inputにします。 CodeGenerateします。

main関数

int main(void)
{

  /* USER CODE BEGIN 1 */

  /* USER CODE END 1 */

  /* MCU Configuration----------------------------------------------------------*/

  /* Reset of all peripherals, Initializes the Flash interface and the Systick. */
  HAL_Init();

  /* Configure the system clock */
  SystemClock_Config();

  /* Initialize all configured peripherals */
  MX_GPIO_Init();

  /* USER CODE BEGIN 2 */

  /* USER CODE END 2 */

  /* Infinite loop */
  /* USER CODE BEGIN WHILE */
  while (1)
  {
        if(HAL_GPIO_ReadPin(GPIOA,GPIO_PIN_4)==GPIO_PIN_SET){
            HAL_GPIO_WritePin(GPIOA,GPIO_PIN_1,GPIO_PIN_SET);
        }else{
            HAL_GPIO_WritePin(GPIOA,GPIO_PIN_1,GPIO_PIN_RESET);
        }
  /* USER CODE END WHILE */

  /* USER CODE BEGIN 3 */

  }
  /* USER CODE END 3 */

}

ファームウェアをLoadして、リセットボタンを押して、起動させます。 赤外線は可視光線ではないので、カメラのモニタで見ます。ButtonBrickのボタンを押すと、紫色に発光するのが確認できると思います。 iPhoneのカメラでは見えないので他のもので確認願います。

構成Parts

  • 5mm 赤外線LED OSI5LA5113A

GitHub