#112 IR LED Brick

Overview

赤外線LEDを使ったBrickです。

I/Oピンから赤外線LEDをON/OFFを制御することができます。

Connecting

アナログコネクタ(A0〜A5)、またはデジタルコネクタ(2〜13)のいずれかに接続します。

IchigoJam

OUTコネクタのいずれかに接続します。

Parts Specification

Document
OSI5LA5113A

Schematic

Sample Code

for Arduino

A0コネクタに赤外線LED Brick、A1コネクタにボタンBrickを接続し、ボタンが押されたら赤外線LEDを発光させます。

#define irledPin A0
#define buttonPin A1

void setup() {
  pinMode(irledPin, OUTPUT);
  pinMode(buttonPin, INPUT);
}

void loop() {

  int buttonState = digitalRead(buttonPin);

  if (buttonState == HIGH) {
    digitalWrite(irledPin, HIGH);
  }
  else {
    digitalWrite(irledPin, LOW);
  }

}

構成Parts

  • 5mm 赤外線LED OSI5LA5113A

GitHub