VolteraでFaBo Brickを設計

WS2812Bをつかって回路設計

WS2812BのDatasheet

WS2812Bを使って、FaBo Brickを試作する。

ライブラリの取り込み

まず、FaBoのライブラリ群をEagleに取り込む。

https://github.com/FaBoPlatform/FaBo-Eagle-Libraries

に接続し、Clone or Downloadを選択し、ローカルにダウンロードする。

ダウンロードしたファイルを解凍し、/Application/Eagle-8.0/lbr フォルダにコピーする。

Eagleの回路設計の画面に移動し、メニューから[Library]-[Use...]を選択し、先程コピーしたライブラリ一式を選択する。

メニューから[Library]-[Update all]を選択し、ライブラリを取り込む。

FaBoの規格の3端子を作成

アイコンメニューから、Addを選択する。

SearchにPadと入れ、Padを選択する。

3つ配置する。

アイコンメニューから、Nameを選択する。、一番上のPadの名前をDINに変更する。

2番目のPadの名前をGNDに、3番目のPadの名前をVCCに変更する。

今度は、アイコンメニューから、Valueを選択し、3つのPadのValueを空にする。

WS2812Bの配置

アイコンメニューから、Addを選択する。

SearchにWS2812Bと入力し、WS2812Bを選択する。

WS2812Bを3個配置する。

GNDの配線

VCCの配線

コンデンサの配線

DINの配線

レイアウト

Boardレイアウトに画面を移動する。

Design Ruleを適用する

Voltera Design Rule Checkを下記よりDownloadする。

https://voltera.io/assets/downloads/Voltera_DRC.dru

部品レイアウトを調整する

自動配線のうち、1つを選択し、End Jobを選ぶ。

リフローでペーストハンダを塗り箇所近辺は、適度に線の間隔をあける。

やり直し

データ出力

Voltera CAMファイルを下記よりDownloadする。

https://voltera.io/assets/downloads/Voltera_CAM.zip