Wakamatsu Colony Farm

戊辰戦争の敗退後の1869年、会津藩軍事顧問のヘンリー・スネル(和名平松武兵衛)を中心とした会津若松の約40人がカリフォルニアに移住。ゴールド・ヒルに「若松コロニー」を開設。この40名が、自分の意思で米国本土に移民した日系移民第1号となる。

お茶の栽培というベンチャービジネスを始めるが、早々に資金が尽きてしまい事業化には失敗する。

Wakamatsu Colony Farm, 941 Cold Springs Road, Placerville, CA 95667 アメリカ合衆国

SF市内からは、車で2時間程度。現在は、文化財として保存され、イベント等が開催されている。

Wakamatsu Colony Farmの家紋、会津藩の家紋となっている

Wakamatsu Colony Farmの建物

Wakamatsu Colony Farmに掲載されている看板

現在は、Wakamatsu Community Farmという名称で、当時の歴史を伝えるための施設となっている。Wakamatsu Community Farmでのイベント等はFacebookページで確認できる。

Facebook Page Wakamatsu Community Farm

リンク